教えて!介護保険

ケアマネジメント

ケアマネジメントとは

ケアマネジメントとは、介護を必要とする人のニーズを把握して、地域リハビリテーションなどと協力して、保険や医療サービスなどを受けられるように調整する事をいいます。

これまでは施設介護が中心だったので、ケアマネジメントは特に必要とされていませんでしたが、在宅介護が介護の中心となりつつある現在は、ケアマネジメントの必要性が言われるようになりました。

病院や施設などにいる場合、病院や施設が介護に必要なサービスを用意してくれていましたが、在宅で介護する場合、介護保険サービスを利用するにも、何らかの調整が必要となり、専門的知識のない家族に代わって、必要な介護サービスを判断して、提供してくれる機関を見つけてくれるのが、ケアマネジメントを行うケアマネージャーです。

ケアマネージャーは、公的な介護保険サービスを調整する以外にも、地域と介護者をつなげていく作業が行われます。ケアマネジメントは地域リハビリテーションの考えと似ているので、2つを上手く利用していくのが良いでしょう。

今後の介護保険には、ケアマネジメントの導入が必要不可欠で、在宅介護サービスを利用するに当たり、ケアマネジメントはその中心となります。ケアマネジメントは、ケアマネジャーの独断で決めていくのではなく、ケアマネジャーはケアに関する専門知識を持つ関係者などとチームを組んで行う必要があり、要介護者と介護保険サービスを行う機関との相談の窓口として介護の方針を決めていく事が求められます。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved