教えて!介護保険

介護支援の方法

食事介助

食事は、生物に必要不可欠な行動であり、人に限らず生物は食事を行わなくては、死んでしまいます。健康を保つ為にも食事は重要であり、介護が必要になったとしても、食事は行わなくてはなりません。

老化や疾患で筋力が低下し、噛んだり飲み込む力が衰えて自力で食事が出来ない人には、食事介助をしてあげる必要があります。食事介助は、食事を食べさせてあげる以外に、代わりに調理をしてあげることも含まれます。介護が必要な人は、外見だけじゃなく内臓など中身も衰えています。

このような機能の衰えを考慮して、栄養バランスに配慮した消化しやすい料理を用意してあげなくてはなりません。食事介助では、要介護者の状態に合わせた食材や調理法で、本人の意志をなるべく尊重してあげることが重要です。食事は健康だけでなく、精神的なバランスにも影響します。

食事介助を行う時には、気持ちよく食事が出来るように、オムツ交換などは済ませておき、気分よく食事を行えるようにしてあげましょう。食べさせる時は、姿勢には充分注意して楽な体勢にさせてやり、食事の前の手洗いも促しましょう。調理介助には、消化の良いものが良いとされているので、ミキサーなどで食材を細かくしてあげると、むせることなく食事がおこないやすくなります。

温度にも注意してあげて、口の中を火傷しないようにしましょう。食事介助中は、水分にも気を使いながら食べさせてあげましょう。食事介助を必要とする人は、食事のペースもゆっくりになってしまうので、介護する人が急かしたりせずに、本人のペースを尊重しするのが大切です。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved