教えて!介護保険

介護支援の方法

入浴介助

介護認定を受けた人は、身体を動かす事が困難である人が多いので、入浴などは誰かの助けを必要とされます。入浴には身体を清潔にするだけでなく、血行の促進が行われて精神をリラックスさせて、ストレスの解消になる効果もあります。

要介護者にとっても、食事や睡眠などと同じく入浴も重要です。入浴介助を行う場合、入浴方法によっては健常者も体調を崩す事があるので、要介護者の体調や状態には充分な配慮が必要です。入浴介助は、子供をお風呂に入れるのとは違い、大人を安全に入浴させる事は非常に労力を必要とします。

家族だけで行うには困難な事も多いので、介護保険サービスを上手に活用していきましょう。入浴中は、突然体調の変化や、気分が悪くなる事もあるので、些細な変化も見逃さないよう、十分注意しながら行う事が大切です。入浴介助を行う場合は、浴室をバリアフリーにして入浴時の危険はなるべく無くしておきましょう。

バリアフリーのリフォームを行う場合は、浴室内と脱衣所の温度差が無くすなど、脱衣場の環境も整えるようにしましょう。浴室の床がタイルは滑りやすいので、滑り止めをつけたり、手すりをつけるのが望ましいです。入浴前に排泄などは済ませており、空腹時は気分が悪くなりやすいので、避けるようにしましょう。

また、入浴後は身体が冷えないよう、身体を素早く拭いてあげましょう。体調が悪く入浴が困難な場合は、ぬれタオルで身体を拭いてあげたり、足湯を行うなど臨機応変に対応出来るようにしましょう。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved