教えて!介護保険

介護支援の方法

排泄介助

生きるために食事を行っていれば、必ず排泄が必要になります。ただ、多くの介護者が、排泄の世話まで行って貰うのは恥ずかしいと考えており、排泄介助は行為そのものよりも、介護者のメンタルを気遣ってやる事が大切です。

人間は加齢によって生理的機能が低下し、尿漏れや失禁を繰り返すようになり、排泄の後始末ができなくなってしまいます。このような、年齢などが原因の排泄障害は、多くの高齢者に精神にダメージを与えやすいとされています。

特に、筋力の衰え以外に問題が特にない場合は、プライドや自尊心が酷く傷つきやすいとされています。この為、排泄介助では身体的な介護支援以外に、精神的な介護支援にも力を入れる必要があります。要介護者が尿意や便意を感じたときには、気負いせずに、すぐに伝えられる環境を作ってあげるようにしましょう。

排泄介助を行えばトイレで行うことができる場合、足腰が弱っていることが予想されるので、座ったり立ち上がったりしやすいように、トイレにはバリアフリーの手すりを設置しましょう。 ウォシュレット機能があると、後始末も楽になるので、一緒に工事してしまうといいでしょう。

トイレまで行くのが困難な人の場合は、ポータブルトイレなどをベットの近くに用意して、トイレまで行かなくても排泄が出来るようにしましょう。この時、プライバシーを侵害しないよう、ベットの周りにカーテンを取り付けておくとよいでしょう。起き上がるのも困難な場合は、おむつを使用する事になります。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved