教えて!介護保険

介護保険とは

介護保険の保険料

介護保険の保険料は、所得に応じて支払い金額が異なります。介護保険制度は、国民全員で介護を必要としている人を支えようと言う制度で、高齢者であっても40歳以上であれば、全ての人が保険料を納める義務があります。

このように、国民で介護保険料を負担することで、自分が介護を必要とした時に安心して介護保険サ-ビスを受けられるようになります。基本的には、40歳から65歳未満の第2号被保険者と、65歳以上の第1号被保険者で介護保険の料金体系が変わってきます。

第2号被保険者は、それぞれ加入している国保や健康保険といった医療保険で決まります。介護保険の保険料の納め方は、医療分の保険料とあわせて行われます。国民健康保険に加入している場合は、世帯ごとの介護分をあわせて世帯主が負担する事になります。

職場の健康保険に加入している場合は、各健康保険に設定された介護保険料率と給与で支払い金額は決まり、医療保険料とあわせて納める事になります。第1号被保険者の場合、保険料は年間で53,900円が基準額となり、所得段階を6段階に分けて、基準額から割引された金額を支払う事になります。

ほとんどの場合は、基準金額から値引きされますが、世帯主だけでなく、自身が所得を持っている場合は、1.5割増で徴収される場合もあります。介護保険の保険料の支払いが困難な場合は、減額措置なども用意されているので、住んでいる地区の市税科等に早めに相談しに行きましょう。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved