教えて!介護保険

介護保険とは

介護保険制度

介護保険制度とは、介護が必要な人は少しでも自立した生活が送れるようにその生活を支える制度です。介護保険を申請することで、地域の介護支援サービス事業や病院などから、介護予防プログラムや、介護サービスを受けられるようになります。

介護予防のプログラムでは、健康診断を年に1度行い、どのような介護や支援を必要としているか定期的に検査が行われます。介護保険制度の対象は、基本的には65歳以上の介護が必要とされる人ですが、条件を満たせば40歳以上65歳未満でも認められます。

介護保険制度は、高齢化が進行する日本において介護を必要とする人が増加した事などを受け、2000年から施行された日本の社会保険制度の一つです。日本では高齢者や要介護者が増加したため、病院や有料老人ホームといった介護や医療を受ける施設が飽和状態となってしまいました。

自宅で介護を行う事が敬遠されてきたのは、家族だけで自宅で介護を行うには、限界がある事や、負担が大きいという理由が多いので、介護保険制度で介護をしやすいい環境を作り、在宅介護を促進する目的がありました。介護保険制度によって、在宅介護を行っていても、24時間専門のヘルパー等が、自宅まで来てくれるといったサービスが導入され、施設に入らず住み慣れた土地で介護支援を受けながら生活できるようにするとういう狙いがあります。

介護保険制度の導入は、家族だけで負担していた事を、自治体などと負担を分担できるようになり、要介護者だけでなく介護支援者にも嬉しい制度となっています。ただ、社会保険制度として、まだまだ問題も多く、改善が望まれる点もあります。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved