教えて!介護保険

介護保険とは

要介護認定とは

介護保険のサービスを利用するには、まず介護が必要かどうかを評価する為に、要介護認定を受ける必要があります。要介護度はその人の病状の重さでなどで決まり、必要とされる介護の段階を決めるのにも重要です。病症が軽かったとしても、一人で生活することが困難で、介護が必要な場合は、要介護度は重く認定されます。

病症は重かったとしても、生活に介護を必要としない場合には、要介護度が軽いと判断されてしまいます。 要介護認定の調査を受けたい場合は、各区市町村に申請を行わなくてはなりません。

要介護認定の調査を受ける場合には、市町村の調査の他に、かかりつけの医師から病状の意見書かいて貰う必要があります。要介護認定の一次判定では、自宅などに調査員が訪問調査に訪れ、二次判定では、訪問調査の結果や主治医の意見書から判定が行われます。要介護認定の訪問調査では、関節に麻痺がないか、自分で寝がえりを打つことができるか、起き上がることはできるかが調査され、直接本人への聞き取り調査も行われます。

要介護認定は、7段階評価で行われ、介護度によって受けられるサービスや、支給される限度額に違いがあります。要介護認定の本人への聞き取り調査は、その瞬間は本人が調査員とやりとり出来ても、普段は非常に意志の疎通が困難であるという人も少なくなく、判定の結果が軽いことが良くあります。

この為、要介護認定の結果に不服のある場合は、不服申し立てを行う事ができます。本当に介護支援を必要としている人が、至当な介護保険サービスが受けられるように、認定方法の改正を求める声も少なくありません。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved