教えて!介護保険

介護保険の利用

介護保険とホームヘルパー

介護保険を利用する場合、最も在宅介護で利用される訪問介護サービスは、ホームヘルパーが最も多いです。ホームヘルパーは、要介護者の自宅で、食事や入浴を手伝ったり、排泄などの介護を行ってくれます。

他にも、洗濯や食事の調理、必要なものの買い物といった日常生活上で、要介護者1人では出来ない事を、介護するのが仕事です。ホームヘルプサービスを行うには、ホームヘルパー2級以上の資格か、介護福祉士の資格を持っている必要があります。

訪問介護サービスは、要介護認定を行った時のケアプランをもとに、訪問介護サービス事業所と契約を行う事で利用することができます。ホームヘルパーは介護サービス事業所に所属した人なので、介護を行って貰うに当たって、契約した金額とは別に、 ホームヘルパーに心付けやお礼を渡してはいけません。

介護サービスは一回や二回で終わる事はなく、長きに渡ってつきあっていく事になるので、余計な心遣いはしないようにしましょう。また、ホームヘルパーは介護保をする為に来ているので、介護とは関係ない家族の用事などを依頼するのはいけません。

また、基本的には要介護者のみに、サービスを提供するものなので、一人しか要介護者がいない場合は、家族の分まで食事をつくってもらったりするのは、禁止されています。ただ、こちらもお金を払って介護サービスを受けているので、変に気を使う必要はありません。要介護者に提供される訪問介護サービスは、身体介護と生活援助で分けて設定されているので、必要な介護だけ頼むようにしましょう。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved