教えて!介護保険

介護保険の利用

介護保険と住宅改修

介護が必要な家族がいて、施設には入居せずに在宅介護となる場合は、これまでの家では本人や介護をする家族も、不便に感じる部分が多くあります。この為、介護施設や医療施設のように、介護が必要な人でも暮らしやすい家にする必要があります。

介護保険では、介護に必要となるバリアフリーなど特定の住宅改修の費用は、一部支給してくれる事になっています。住まいが借家でも、介護保険を申請する事は出来ますが、所有名の許可を貰う必要があります。

この住宅改修費は、介護予防住宅改修費や居宅介護住宅改修費として、1割が自己負担の20万円が給付され、実質は18万円が支給される事になります。この18万円は、一度の改修で全て使い切っても、数回に分けて使用しても良いとされています。

支給方法は償還払いとなるので、一度全額を立替して支払い、あとから上限18万円が給付されるようになります。介護保険サービスの適用は、1人の要介護者につき一回ですが、要介護者の介護度が三段階上がったり、転居して家が変わったときには、再び利用すが可能になります。介護保険で住宅改修工事が行いたい場合には、ケアマネジャーなどに相談し、市町村への申請なども作成して貰いましょう。

住宅改修では、事前の打ち合わせ不足や、悪質業者に必要以上の修繕をされて、高額の金額を請求されるといったトラブルが多くみられます。このようなトラブルを起こさない為にも、事前に十分準備してから行うようにしましょう。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved