教えて!介護保険

介護保険施設

グループハウス

グループハウスとは、5~9人の比較的元気な高齢者が、仲間と助け合いながら生活する共同生活を行う場所です。本当は家族で行う寝食を集団生で行う事で、出来る限り介護は利用せずに、自分たちだけ助け合っていこうという共同生活になります。

このため、有料老人ホームや、介護保険三施設とは異なる位置づけとなります。また、認知症患者を集めたグループホームもありますが、グループホームでは集団生活を送る事で、脳を活性化させて認知症の症状をくいとめ、改善させる事を目的とした集団生活です。

グループハウスは介護保険を利用することもでき、介護保険で助成金をうけるには、60歳以上の高齢者で、互いに生活を共同化できるという条件があります。ただ、指定条件を満たさない施設も多く、助成金はなしで独自で行うグループハウスの方が多いとされています。グループハウスでは、入居者は基本的には個室で生活を行い、共同部分として食堂やダイニング、また風呂などがあります。

それぞれのグループハウスで、個々に共同生活のルールを決めて、共同で行う食事以外は、基本的には個々に自立した生活を送る事になります。医療や介護サービスが必要な場合は、グループハウスの提携先の病院や、通所介護のサービスを利用したり、自分で医療やサービスを選ぶ事も可能です。

グループハウスでは、入居者がプライバシーを尊重され、独立した生活を行えますが、共同生活を行っているので、人間関係で問題が発生する事もあります。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved