教えて!介護保険

介護保険施設

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、高齢者で介護を必要としている人が、家庭で生活していけるよう自立を支援する施設です。現在は、ほぼ医療法人の運営とされています。介護老人保健施設の入居資格は、要介護度1~5の65歳以上の人とされ、病状が安定していても、リハビリテーションを行う必要のある人が許可されます。

要介護度1~5の65歳以上であっても、リハビリテーションの対象外であると入居資格がない事になってしまいます。また、リハビリテーションを継続して行う事が出来ない場合は、退所させられる事もあります。

介護老人保健施設では、自宅に復帰する事を目的として、医師の管理の元に看護や介護を行い、日常生活のリハビリテーションを行ったり、日常サービスとした食事や入浴の手伝いを行って貰えます。医師や看護師が常在している施設なので、夜間でも医療面でに心配はありませんが、他の病院にかかることが原則として禁止されています。

介護老人保健施設は、病院での治療を行ったあとに、突然日常生活を送るのは不安であるとする人が一定期間入所し、医師が管理する中で理学療法士や作業療法士などからリハビリテーションの指導を受け、もとの生活に戻れるようにする施設なので、終身入居うを行う事は出来ません。

平均的に、半年ほどで退居となり、あとは介護保険などで日常生活に不自由がないようにカバーしていきます。介護老人保健施設は、帰宅することが目的の施設なので、他の介護保険施設の中でも中間的な施設とされています。ただ、2005年に国からの補助金が廃止されてしまったので、当分は施設の改善などは見込めないとされています。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved