教えて!介護保険

介護保険施設

高齢者住宅

高齢者住宅は、バリアフリーなどを施した高齢者に配慮した住まいで、訪問介護サービスなどの介護保険を受ける事のできる住居です。高齢者住宅は、介護保険三施設とは異なる居住施設で、居住するにあたり一時金を払って終身利用方式で住むか、賃貸マンションのように月ごとに家賃を支払う、賃貸方式を選ぶことができます。

介護保険三施設は常に満員の状況で、要介護者であるにも関わらず何年も入居待ちという状況が続いています。 しかし、有料の老人ホームは施設利用にあたり、非常に高額となっているので、簡単には入居させられないというのが家族の現状です。

有料老人ホームが高額であるのは、独立した住戸があってプライバシーが守られており、食堂などの共同施設がある事です。ただし、介護保険が適用されないので、入居金を始め、食費や施設設備、また光熱費などは、全額が入居者の自己負担となって高額となっています。

高齢者住宅は、有料老人ホームとは違って、マンションに住んでいるのと変わらないことから、申請することで介護保険を適用することができます。ケア付の高齢者住宅は、賃貸マンションの一室に、訪問介護のケアサービスを行ってくれたり、食事の準備などの生活支援などを行って貰える場合もあります。

このような、ケアを行ってくれる高齢者住宅ですが、簡単な介護は特に問題ありませんが、要介護度が悪化すると、付きっきりで介護を行わなくてはならないので、介護負担金を支払うか、有料老人ホームなどの転居をおこなう必要があります。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved