教えて!介護保険

介護保険施設

有料老人ホーム

有料老人ホームは、厚生労働省が管轄する介護保険施設で、入浴や排泄などの世話や、食事のといった日常生活必要な介護を行ってくれます。有料老人ホームでは、65歳以上の身体や精神に障害のある要介護である人が対象となっています。

有料食事等の介護も行ってくれますが、キッチンがついているので、自分で食事を作る事も出来ます。有料老人ホームには、介護が必要になったら退去しなくてはならない健康型有料老人ホームと、訪問介護等の外部サービスを利用する住宅型有料老人ホーム、特定施設入居者生活介護の認定を受けた人が入居する介護付有料老人ホームの3種類があります。

どの有料老人ホームでも、常にスタッフがいてくれるので、昼間は仕事などで留守の多い家族と同居するよりも、突然倒れても、すぐに誰かが来てくれて、緊急時の対応が素早く行える有料老人ホームの方が安心出来るとされています。

また、有料老人ホームほとんどが個室にですが、食堂で多くの仲間と共に食事を行ったり、レクリエーションなどで共通の趣味をもった人と知り合えるなど、同世代との交流ができるので、充実した生活を送る事ができます。自宅療養の場合、家族と過ごせる時間はあっても、同世代と交流する機会はほぼないとされています。

有料老人ホームでは家庭的な雰囲気を保ちつつ、たくさんの同世代と親交を深める事が出来て、子供などの世話にならなくて済む事も魅力です。ただし、あまりプライベートは保たれているとは言えず、集団生活にストレスを感じやすいとされています。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved