教えて!介護保険

在宅介護と介護保険

在宅介護と現状

75歳以上の高齢者を対象とした長寿医療制度が、平成20年から社会保障制度のひとつとなりました。75歳以上は単に高齢者とは言わず後期高齢者と分類されます。この75歳という年齢は、入院治療が必要な治療を行ったり、病状が長期化する事が多く、認知症といった記憶障害も発症しやすくなるので、高齢者とは区別されています。

日本の後期高齢者の数は。人工の10.%と言われており、10人に一人は後期高齢者と言う事が出来ます。このように、日本の高齢化は加速する一方で、介護保険の利用者は、今後益々多くなるとされています。現在でも、既に要介護者全員に、満足のいくサービスを行う事が出来ておらず、病床や人手が足りていません。

後期高齢者は長期入院などから、そのまま病院で介護生活に移行してしまうことが多く、病院は介護だけでいっぱいになってしまいます。この為、少しでも在宅介護を行うようにしていく事が必要になります。

高齢者の場合、それまで介護は必要無くても病気やケガを境に、身体が一気に衰えて、介護が必要になると言う事が少なくありません。一般的に、要介護者を介護するのに使用する時間は、一日あたり6時間と言われています。

介護する人にとって、1日のうち6時間も拘束される事は厳しく、要介護者では全体の15%は、12時間以上も介護に時間を要するとされています。在宅介護を行うと、外で仕事をする事はほぼ不可能ですが、施設に入居させる事もできないので、在宅介護のデイサービスなどを上手に活用して、介護を行っていく必要があります。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved