教えて!介護保険

在宅介護と介護保険

在宅介護の注意点

在宅介護を行う場合は、介護のやり方が間違っていると、介護者自身が体調を崩したり、精神が落ち込む危険性があります。在宅介護で介護者が引き起こしやすい症状に、腰痛が多くありますが、これは要介護者をベッドに寝かせたり、お風呂にいれたりと、重労働を繰り返し行っている為で、腰に大きな負担をかけるからです。

人手の他らない家族の場合、介護を代わりに行ってくれる家族もおらず、政府は財政難から施設から在宅へ介護の場所をシフトしようとしています。

このように、在宅介護は今後確実に増えていくので、在宅介護を迫られた家族は、要介護者と自分自身のために、工夫しや介護を行っていく必要があります。よく言われている事ですが、介護に100%はありません。完璧な介護を目指す優しい人こそ、大きな負担を抱えて疲労しやすくあります。

家族に対して、少しでも良い環境を作ってあげたいという思いは素晴らしいことですが、介護を行う本人まで倒れてしまえば、意味がありません。介護保険などで色々な施設や、訪問サービスを利用し、ときには自分を休めて行くことが重要です。

また、訪問サービスなどで、プロの介護人が来た時に、身体に負担をかけにくい介護の仕方を聞いたりして、少しでも負担を軽減していきましょう。 介護は、介護をするものと介護されるものが、互いにストレスを感じにくい状態で行われるのが望ましいとされているので、完璧に行なおうとするのではなく、息抜きしながら行うように注意しましょう。

スポンサードリンク

介護保険とは
介護保険の申請
介護保険の利用
介護保険施設
在宅介護と介護保険
ケアマネジメント
介護支援の方法
介護関連の参考サイト
Copyright (C) 教えて!介護保険 All Rights Reserved